2019年2月12日火曜日

「坂東玉三郎 下関特別公演」に向けて

「お客様に情景、風情、江戸の雰囲気のなかで、一時の夢を見ていただけたらいいのかなと思います。一所懸命やりますし、なるべくきれいなものをお見せし、舞台装置も照明も楽しめるものをつくります」。2年ぶりの下関の公演で玉三郎は今回、3つの地唄を踊ります。(「坂東玉三郎 下関特別公演」に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))