2019年2月15日金曜日

<新かぶき彩時記>庚申信仰が下敷き 「三人吉三」盗賊の宿命

「三人吉三」は三人の盗賊が主人公の作品で、初めて出会った彼らが義兄弟の契りを結ぶのが大川端(隅田川)の庚申塚の前。庚申信仰が下敷きなので、彼らは盗賊であり、三猿を連想させる三人は、庚申の縁起物のくくり猿を交換します。彼らの運命に不吉に関わってくる刀も庚申丸という名前。つまり本作は、社会から疎外された彼らが、自らはあずかり知らぬ宿命に操られているという構図で、作者の河竹黙阿弥の着想が光ります。(東京新聞:<新かぶき彩時記>庚申信仰が下敷き 「三人吉三」盗賊の宿命:伝統芸能(TOKYO Web))
節分というと、お嬢の「月も朧に~」の名セリフが頭に浮かびます。大川端のこの場面はウキウキします。