2019年2月21日木曜日

勘九郎、七之助、中車、扇雀が語る「四国こんぴら歌舞伎大芝居」

実は、金丸座の舞台に初めて立ったのは「(昭和62年4月)祖父が『沼津』の久作を演じたときです。僕は見に行っていて、久作が客席を歩くときに、引きずりだされてご挨拶をしたんです。それが最初の金丸座との出会いですね。10年前に、父の久作と一緒に『沼津』ができて、不思議な感覚に陥りました」。(勘九郎、七之助、中車、扇雀が語る「四国こんぴら歌舞伎大芝居」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))