2019年3月2日土曜日

玉三郎の今月のコメント 2019年3月

先月は2月歌舞伎座で初代尾上辰之助さんの「三十三回忌追善」ということでございました。同世代の俳優さんの三十三回忌を迎えますことは、何か切なく寂しい思いもございましたが、当代の尾上松緑さんが立派にお継ぎになられ、そしてご子息の尾上左近さんも成長され、「當年祝春駒」で「曽我五郎」を一生懸命務めているお姿を見ますと、時の移ろいというものを感じるのでございます。二代目松緑の叔父様、初代辰之助さんと、代々の流れを受け継ぐ尾上左近さんが、現実としてこの舞台で踊っているのだなあ・・・ということをひしひしと感じるひと月でございました。(◇2019年3月 | 坂東玉三郎【公式サイト】)