2019年3月1日金曜日

<新かぶき彩時記>「三人吉三」とお七 随所にイメージちりばめ

「三人吉三」の終盤でお嬢吉三が、火の見やぐらに上がって太鼓を叩(たた)く場面は「松竹梅雪(ゆきの)曙(あけぼの)」のパロディー。「-雪曙」のお七は、恋人の危機を救うため太鼓を叩くのですが、作者は「三人吉三」と同じ河竹黙阿弥なので、自作のパロディー化です。ちなみに「三人吉三」のお嬢を初演したのも、お七役を得意とした女形でした。(東京新聞:<新かぶき彩時記>「三人吉三」とお七 随所にイメージちりばめ:伝統芸能(TOKYO Web))
 自作のパロディー化、違和感なく観られます。