2019年3月10日日曜日

渡辺保の劇評 2019年3月 国立小劇場

最近の真山青果作品は役者 がせりふを歌わないためにつまらないことである。むろん人間描写のリアルさ は大事だが、歌うところがないと観客を陶酔も感動もさせられない。リアルに いくところ、歌うところ、そしてその間の変化がなければ芝居が平板になるば かりである。
菊之助の関兵衛はやはり無理だった。力演でもありよく 覚えてもいるが、それでは済まぬのが歌舞伎のニン。むろんニンは芸の人格で あって、ガラのように天性のものではない。しだがって修行により、芸風を広 げることにより、変えることが出来る。しかしそれにはニンが確立していなけ ればならない。ニンが変わらぬうちにニンにない役をすれば失敗する。(2019年3月国立小劇場)
菊之助は父菊五郎とは違う素質であるため、女形から立役を務めるのはハードルが高いかもしれません。でも果敢に挑戦する姿には頭が下がります。またの挑戦に期待したいです。