2019年8月16日金曜日

矢内賢二の劇評 2019年8月 歌舞伎座

七之助の政岡は動きをぐっと抑えて肚(はら)を見せようという行き方で、前半は凜(りん)とした品格があっていいが、後半はリアルに泣き崩れる演技とクドキの様式とがうまく噛(か)み合わない。松本幸四郎は仁木弾正(にっきだんじょう)と初役の八汐(やしお)の二役。坂東巳之助の荒獅子男之助はまだ不安定だが役者ぶりがうんと大きくなった。中村児太郎の沖の井は落ち着いていて頼もしく、「御殿」の前段となる「竹の間」の場を見たいと思わせる。中村勘太郎の千松、中村長三郎の鶴千代がせりふも行儀もしっかりしていて上出来。(東京新聞:<評>歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」  凜とした七之助の政岡:伝統芸能(TOKYO Web))