2019年9月11日水曜日

尾上右近 自主公演「第五回 研の會」が開催されました

今回は、『弁天娘女男白浪』と猿翁十種の内『酔奴』を上演。右近が深いルーツを感じているという『弁天娘女男白浪』は、音羽屋が大切にする作品の一つ。尾上菊五郎監修のもと、右近が弁天小僧菊之助を初役で勤めました。(尾上右近 自主公演「第五回 研の會」が開催されました | 歌舞伎美人(かぶきびと))