2019年9月21日土曜日

渡辺保の劇評 2019年9月 国立小劇場 研の會

後半 三人上戸が面白い。怒り上戸、笑い上戸、泣き上戸の三人の踊り分けのイキが まことにいいからである。三人に変って見せる瞬間のイキがシャープでいい。 それにはそこまでするのかと思うほど三人のありさまを熱つぽくやる。その上 でパッと変わる。クルッと向きを変えるそのイキがいい。そのイキのよさは澤 瀉屋畑のものではなくむしろ音羽屋畑のものである。その情熱に私は感心した。(2019年9月国立小劇場研の会)