2019年10月9日水曜日

河村常雄の劇評 2019年10月 国立劇場

音羽屋のお家芸に芝翫が初挑戦し、スペクタクルな中にコミカルな味もしっかり付いた楽しめる舞台になった。 芝翫は舞台で自ら語っているように襲名して3年。2幕の徳兵衛の異国語りで、名前にふさわしい大きな役者になったことを感じさせた。沖縄の水族館やハワイのワイキキビーチなど現代に引き寄せた内容で笑いを取りながら観客を掌握している。(国立劇場10月歌舞伎「天竺徳兵衛韓噺」評: 河村常雄の新劇場見聞録)
芝翫の持ち役になると良いですね。