2019年10月20日日曜日

能楽継承に危機感 研修生の応募ゼロ

研修生制度の危機的状況について、横浜能楽堂の中村雅之芸術監督は「研修を受けても、経済的に将来の展望が持てないことも大きい。海外の国立劇場では、役者や音楽家などを抱えて生活を保証しているのが一般的だ。能や歌舞伎は集団芸なので、一つの役割が欠けても成り立たない。人材は一朝一夕には育たない。すぐにでも手を打たなければ間に合わなくなる」と警鐘を鳴らす。(東京新聞:能楽継承に危機感 研修生の応募ゼロ:伝統芸能(TOKYO Web))
経済的に厳しいと、好きだけではやっていけません。これが一番問題です。伝統芸能にもっと国が力を入れないといけません。