2019年11月12日火曜日

渡辺保の劇評 2019年11月 国立劇場

歴史だの戦争だのという過去の時間ではなく、今、この目の前で生きて いる一人の人間の苦悩、悔恨まことに鮮明である。  この景清一人舞台には、葵太夫、長一郎の竹本がよく合わせて、ことに「身 をかきむしり」の長一郎の三味線のタタキが吉右衛門の景清の激情を鮮明にし た。(2019年11月国立劇場)
景清の苦悩が観客にもぐっときます。