2019年12月16日月曜日

河村常雄の劇評 2019年12月 国立劇場

幸四郎は笑いを取りながら飄々と演じ、爽やかな後味のいい舞台を作っている。 顔に蝙蝠の入れ墨のある安といえば「切られ与三」の小悪党・蝙蝠安を思い浮かべるが、そのイメージはない。 新悟のお花。可憐で若々しい声が役に合う。 友右衛門が人情味のある大家・勘兵衛で、世話物に強いところを見せた。 猿弥が酒を飲むと人格が変わる上総屋新兵衛で芸達者ぶりを示した。(河村常雄の新劇場見聞録)