2020年1月17日金曜日

上村以和於の劇評 2020年1月 浅草公会堂

最大の難関かと思われた「仮名手本忠臣蔵・七段目」だが松也の大星、米吉のお軽、巳之助の平右衛門がそれぞれによく大あっぱれの番狂わせと言ったら失礼か? この大(ゝ)人(ゝ)の(ゝ)芝(ゝ)居(ゝ)をそれとして楽しませたのだから賞賛物だ。和事系の立役に可能性を示した松也、可憐なだけの域から一段上った米吉、実事役への力量を見せた巳之助、いずれも上首尾。((歌舞伎)新春浅草歌舞伎 時代物の大作で若手健闘 :日本経済新聞)
各座すべて見終わっていませんが、今月は浅草が一良いです。