2020年1月11日土曜日

河村常雄の劇評 2020年1月 国立劇場

時蔵、萬次郎、團蔵、権十郎ら一座おなじみの面々が揃い、菊五郎は大詰で、「菊一座はワンチーム」で締めくくった。めでたい初芝居。(河村常雄の新劇場見聞録)
これを段切れに持ってきたのは印象に残ります。菊一座みんな声が良く、セリフがわかりやすいです。