2020年1月10日金曜日

河村常雄の劇評 2020年1月 歌舞伎座

勘九郎が奇妙な売り声を上げ、頼りない純情男を好演、現代っ子風に蛍火を演じる七之助と息が合う。 東蔵の猿源氏父・海老名ら脇も充実、今月一番楽しめる舞台になった。(河村常雄の新劇場見聞録)