2020年2月1日土曜日

若手ホープ春に集う 明治座「三月花形歌舞伎」 勘九郎「パワー届けられれば」

夜の部は、「通し狂言 桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」(鶴屋南北作)。因果因縁を描き、奇想天外な展開が見どころ。勘九郎は「歌舞伎だけでなく、いろんな舞台で上演されており、掘り下げる要素があるお芝居。作品の世界観を伝えられたら」と話した。公演全体については「大事な役をつとめさせていただくので、先人の型を体にたたき込みながら、歌舞伎の持つパワーを届けられたら」。(東京新聞:若手ホープ春に集う 明治座「三月花形歌舞伎」 勘九郎「パワー届けられれば」:伝統芸能(TOKYO Web))