2020年2月15日土曜日

矢内賢二の劇評 2020年2月 歌舞伎座

すでに定評ある「道明寺」の仁左衛門は一挙手一投足に緊張感がみなぎる。坂東玉三郎の覚寿はリアルに傾いていて、宿禰太郎(すくねのたろう)を刺すくだりなどハッとするほど生々しい。中村歌六の土師兵衛(はじのひょうえ)、坂東弥十郎の宿禰太郎はイキがよく合い、手強さも十分。勘九郎の奴(やっこ)宅内が軽妙で愛嬌(あいきょう)があって快い。(東京新聞:<評>歌舞伎座「二月大歌舞伎」 緊張感 仁左衛門の菅丞相:伝統芸能(TOKYO Web))