2020年2月1日土曜日

葛藤、情愛 伝えたい 国立劇場2月文楽 竹本錣太夫襲名披露

そうした縁もあり、「寛治師匠のご遺族に、錣太夫を継がせていただけませんでしょうかとお願いに行ったところ、実に快くお許しをいただきました」。  大学生の時、テレビで見た太夫の語りに魅せられて大学を中退。一九六九年、四代目竹本津太夫に入門し、津駒太夫を名乗った。津太夫の義理の父が六代目寛治であったことから、入門後、二、三年は寛治にも稽古をつけてもらった経験がある。  「その六代目寛治師匠と深いご縁のあった錣太夫の名前を、今こうして私が継がせていただくことになるとは、不思議なものですね」と感慨深げ。(東京新聞:葛藤、情愛 伝えたい 国立劇場2月文楽 竹本錣太夫襲名披露:伝統芸能(TOKYO Web))