2021年2月28日日曜日

尾上松緑が語る、歌舞伎座公演『泥棒と若殿』と『戻駕色相肩』 そして『紀尾井町家話』への思い

 三津五郎の兄さんは、最初から最後までを計算立て、緻密に芝居を構築されていました。巳之助さんの若殿はお父様譲りの緻密さをもちつつ、若さの感情の発露がみられる部分があります。三津五郎の兄さんと巳之助さんは親子ですから、根っこには限りなく近いものがあるでしょう。けれども、(スタート地点での)ほんの少しの違いが、伸びていった先では大きな開きになります。巳之助さんは、読み合わせの時にはすでに芝居をつくっていらっしゃいますし、応用力もあります。これからも一緒に芝居をしていきたい役者さんです」(尾上松緑が語る、歌舞伎座公演『泥棒と若殿』と『戻駕色相肩』 そして『紀尾井町家話』への思い | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス)

2021年2月27日土曜日

四月大歌舞伎 2021年4月 歌舞伎座 演目と配役

 演目と配役(四月大歌舞伎|歌舞伎座|歌舞伎美人)

第3部 桜姫東文章

2021年2月26日金曜日

【3月歌舞伎公演】『時今也桔梗旗揚』 尾上菊之助が意気込みを語りました!

 3月歌舞伎公演の演目の『時今也桔梗旗揚』をお引き受けしたのには、二つの理由がございます。一つは、岳父(中村吉右衛門)が武智光秀を演じた馬盥(ばだらい)の場に憧れ、岳父を通して明智光秀という人物に興味を持っていたことです。そしてもう一つは、先ごろ最終回を迎えたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公も明智光秀でしたが、「反逆者」とされてきた光秀像が、実は天下泰平を望んでいた人物として見直される機運があって、私もドラマのファンでしたし、ちょうどお客様の関心も高まっている今、この役に挑みたいと思いました。(【3月歌舞伎】尾上菊之助が意気込みを語りました!| 国立劇場歌舞伎情報サイト | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)

2021年2月18日木曜日

「三月大歌舞伎」の合同取材会 江戸歌舞伎発祥之地で中村勘九郎・七之助が「再出発の気持ち」語る

 「3年後の江戸歌舞伎400年の年が父の十三回忌なんです。なので3年後の2月に猿若祭ができたらな、という夢もあります」と続ける。さらに七之助は「ここから始まったんだ、という思い。改めて、兄弟で中村屋を背負うこと、また今月立派に勤めている勘太郎と長三郎の2人も背負っていくんだなというプレッシャーと楽しみと、半分半分な気持ちです」と答えた。(江戸歌舞伎発祥之地で中村勘九郎・七之助が「再出発の気持ち」語る(会見レポート) - ステージナタリー)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(16)(17)(18)

 

代々の鴈治郎には二枚目のイメージがありますので、「あんなん(あんな役)やって。鴈治郎のイメージではない」と思う人がいるかもしれません。  でも、上方の人情喜劇を作るのは、上方歌舞伎のレパートリーを増やしたいから。そのためにはなんでもやっていきたい、そう思っています。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(18)上方歌舞伎に人情喜劇を(2/2ページ) - 産経ニュース)
妻のおばあさまは吾妻流宗家の初代吾妻徳穂さんで、その息子さんが歌舞伎俳優の天王寺屋のおじさん(五代目中村富十郎(とみじゅうろう))。妻にとっては伯父さんにあたる人。父ともよく共演していましたし、私も舞台でご一緒させていただいて教えを受けました。もともと妻とは幼なじみでしたし、そういうご縁の女性と結婚したのも運命でしょうね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(17)息子も私の母似かな(1/2ページ) - 産経ニュース)
親子逆転の配役は、30年の京都・南座の顔見世の「新口村(にのくちむら)」でも実現しました。このときは、父の忠兵衛、私が忠兵衛の老父、孫右衛門(まごえもん)、弟の(中村)扇雀(せんじゃく)が忠兵衛の恋人の梅川を勤めました。父が亡くなる少し前に、親子3人でこのお芝居が上演できたのはとても幸せなことでした。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(16)幸せ感じた「親子3人芝居」(1/2ページ) - 産経ニュース)

2021年2月16日火曜日

小玉祥子の劇評 2021年2月 歌舞伎座

 

七之助が、親不孝を恥じる目が不自由な袖萩の哀れさと娘を気づかう切なさを見せた。長三郎がけなげで愛らしく、せりふも動きもしっかりとした名子役ぶり。
勘九郎の狂言師右近後に親獅子の精、勘太郎の狂言師左近後に仔獅子の精。振りの意味が明確で一点一画をゆるがせにしない勘九郎と、父に遜色のない動きを示す勘太郎。息が合い、前シテは端正で、後シテには勢いがあった。(歌舞伎 二月大歌舞伎 息が合った親子の「連獅子」=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

全公演完売「初春海老蔵歌舞伎」映像、医療従事者100万人超に無料配信 「元気のもとになりたいその一心」

 松竹は15日、歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)、長女の市川ぼたん(9)、長男の堀越勸玄(7)の家族共演で全公演完売となった東京・新橋演舞場の1月公演「初春海老蔵歌舞伎」の収録映像を医療従事者に無料配信すると発表した。(全公演完売「初春海老蔵歌舞伎」映像、医療従事者100万人超に無料配信 「元気のもとになりたいその一心」:中日スポーツ・東京中日スポーツ)

2021年2月14日日曜日

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(13)(14) 「上方文化」見つめる四代目

 《襲名発表の会見(平成26年4月)の席上、鴈治郎さんが語った言葉は印象的だった。「関西のみなさまに愛される鴈治郎になりたい。そして、上方文化の隆盛に全力を注ぎたい」と》(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(13) 「上方文化」見つめる四代目(2/2ページ) - 産経ニュース)

まだ歌舞伎の右も左もわからないときです。近松座は、古典をそのまま上演するのではなく、いま上演されていない近松作品を復活上演したり、近松の原作にのっとって上演するという活動でした。資料などをもとに、一から芝居を作り上げていくわけで、私も自分に与えられたお役を自分で考えて作っていかないといけなかったんです。古典もわかっていない時期に歌舞伎のお役を作っていく作業はあまりにも大変でした。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(14)近松座から学んだ歌舞伎(2/2ページ) - 産経ニュース)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(15)リアルな上方演出の魅力

 いずれ私もやってみたいですね。また、忠臣蔵を、上方の俳優を中心に上方の演出で、物語の最初から最後まで通し上演の形でやってみたい。それがいまの夢のひとつですね。これまで祖父の芸を継承しようという気持ちが大きかったのですが、父が亡くなったいま、父のやっていたことも受け継いでいければと思っています。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(15)リアルな上方演出の魅力(2/2ページ) - 産経ニュース)

2021年2月11日木曜日

六月博多座大歌舞伎 2021年6月 博多座 演目と配役

 演目と配役(六月博多座大歌舞伎|博多座|歌舞伎美人)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(12) 鴈治郎になるための10年

 あの公演で初めて、うちの家の芸である玩辞楼(がんじろう)十二曲の内(うち)、『河庄』の治兵衛を演じました。上方の若い人たちでいろんなお役に挑戦できた。このメンバーで、関西の歌舞伎の幕が開けられる、そんな希望がわいてきたのを覚えています。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(12) 鴈治郎になるための10年(2/2ページ) - 産経ニュース)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(11)翫雀(かんじゃく)襲名披露と阪神大震災

 火が上がっていたら逃げようと思って廊下に出ましたが、シーンとしていた。地震発生直後はどこが震源地か、情報が入っていなかったんです。でも、お芝居はでけへんやろなあと思っていましたら、劇場からだったか松竹からだったか忘れましたが、電話がかかってきて「舞台を開けます」と。「ええっ、開けるんだ」とびっくりしました。というのは、泊まりがけのお客さまが劇場に来てくださっていたんですね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(11)翫雀(かんじゃく)襲名披露と阪神大震災(1/2ページ) - 産経ニュース)

猿之助 雑誌掲載情報

 ●「週刊文春」 

・発売日:2月10日(水) 

・出版社:文藝春秋 

・価格: 定価440円(税込) 

「男の肖像」単独ロングインタビュー企画(最新情報 : 市川猿之助公式サイト)

時蔵が語る、歌舞伎座『雪暮夜入谷畦道』「直侍」

 世話狂言は、古きよき時代の江戸の風情が出ることが大事だと思います。そのためには、若いときから昔のことを知っている先輩方にいろいろな話を聞いて、想像することが大きいですね」と、情感あふれる舞台の秘訣を語ります。(時蔵が語る、歌舞伎座『雪暮夜入谷畦道』「直侍」|歌舞伎美人)

2021年2月9日火曜日

渡辺保の劇評 2021年2月 歌舞伎座

 次が「連獅子」。勘九郎の親獅子は立派で、貞任の失点を取り返した。勘太 郎の子獅子がまことにきちんとして筋のいい踊り、体も枠に嵌った動きでよく 動いていい出来である。前幕の長三郎のお君といい、これといい、曾孫二人大 当たり。(2021年2月歌舞伎座)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎 6・7・8・9・10

顔見世というと、思い出すのは子供の頃です。当時、うちは祖父の二代目鴈治郎と父(坂田藤十郎=当時、二代目中村扇雀)が「廓文章(くるわぶんしょう)」など上方のお芝居を上演していましたが、夜の部の最後が多かったですね。子供が起きていられないぐらい遅い時間帯でした。それでもお客さまが残っていてくださった。ありがたかったですね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(6)お客さまと一体の高揚感(2/2ページ) - 産経ニュース)
学業優先というのも母の考えだったと思います。とにかく大学まで出したいと。父は早くにスターになったので、この業界以外にほとんど友人がいなかったのです。本名の「林くん」とか、「宏太郎くん」とか、呼ぶ友人がいない。母は、私たち兄弟に、一般人としての感覚を身につけさせ、この世界以外の友人をたくさんつくらせようとしたんじゃないでしょうか。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(7) 学業優先、ピアノにバイトも(1/2ページ) - 産経ニュース)
そんなとき、叱りながらも丁寧に指導してくださったのが三津五郎さん。落ち込んでいるときに慰めてくださったのが(十八代目中村)勘三郎さんでした。おふたりがいなかったらどうなっていたかわからないですね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(8)暗中模索の20代に…(1/2ページ) - 産経ニュース)
ひとり、ぽつーんと置かれたんです、その広い楽屋にね。「ここで何したらええねん」って思っていました。ただ、そのとき初めて、「鴈治郎」という名前を意識したんです。こういう広い楽屋に入る役者なんだと。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(9)祖父に見た役者の業(2/2ページ) - 産経ニュース)
外国でも「曽根崎心中」は人気の高い演目です。そのときは、近松座であったことや海外公演ということで、私が徳兵衛役を勤めました。そのときのイギリスの新聞の劇評に、作品をドラマとして評価していただいたんです。「曽根崎心中」というと、お初の芝居と思いがちですが、先入観のない外国の方は徳兵衛の苦悩も含めて作品自体の深さを評価してくださった。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(10)徳兵衛役、英公演で覚醒 - 産経ニュース)

2021年2月7日日曜日

5月文楽公演  2021年5月 国立小劇場 公演情報

 

令和3年5月文楽公演(令和3年5月文楽公演)
●第一部 (午前10時45分開演)
● 心中宵庚申 (しんじゅうよいごうしん)  上田村の段  八百屋の段  道行思ひの短夜 
●第二部 (午後2時15分開演)
● 生写朝顔話 (しょううつしあさがおばなし)  宇治川蛍狩りの段  明石浦船別れの段  宿屋の段  大井川の段 
●第三部 (午後5時30分開演)
● 摂州合邦辻 (せっしゅうがっぽうがつじ)  合邦庵室の段 
 契情倭荘子 (けいせいやまとぞうし)  蝶の道行

『演劇界』3月号の表紙『壽浅草柱建』松也の曽我五郎時致

 明日2月5日(金)発売『演劇界』3月号の表紙をお知らせいたします。 『壽浅草柱建』尾上松也丈の曽我五郎時致です!((19) 演劇界*3月号発売中さんはTwitterを使っています 「明日2月5日(金)発売『演劇界』3月号の表紙をお知らせいたします。 『壽浅草柱建』尾上松也丈の曽我五郎時致です! https://t.co/s03I3xnelF #演劇界 https://t.co/ezPLDHXBPD」 / Twitter)

2021年2月4日木曜日

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(5) コロナ禍で模索、生まれた演目

 この公演の中で私と逸平ちゃんは、新作「棒しばり×棒しばり」を上演しました。後日、撮影用に再演して今年1月1日にNHKで放送してくれたんです。その際、上方舞山村流宗家の山村友五郎(ともごろう)さんにお電話してお稽古場を貸していただいたんですが、その様子を見ていたNHKの方が「はあ、関西は横のつながりが強いんですね」と驚いていましたね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(5) コロナ禍で模索、生まれた演目(1/2ページ) - 産経ニュース)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(4) 「おちょやん」と「半沢直樹」

 テレビで見た、あの俳優が出ているのなら、一度、歌舞伎を見に行こう、ということも多いと思います。ただ、大河ドラマや連続テレビ小説などは1年間とか半年間とか放送されますのでスケジュールが大変で、どうしても歌舞伎の舞台が少なくならざるを得ない。でも、外のお仕事というのは自分自身への刺激にもなります。もちろん、本業の歌舞伎が第一ですが、ときにはドラマに出させていただくことも大事ですね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(4) 「おちょやん」と「半沢直樹」(2/2ページ) - 産経ニュース)

2021年2月3日水曜日

玉三郎の今月のコメント 2021年2月

 劇場は一つの夢の空間でありたいということをいつも願っているのでございます。(◇2021年2月)

2021年2月2日火曜日

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(3) ゆかりの松竹、社長役を満喫

最初の方で、私が演じている大山社長が、歌舞伎俳優の早川延四郎(えんしろう)をねぎらう場面がありました。この延四郎を演じたのは、本当の上方の歌舞伎俳優、片岡松十郎(まつじゅうろう)くん。劇中劇で「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の主人公、団七九郎兵衛(だんしちくろべえ)も演じていて、松十郎くんの師匠の(片岡)仁左衛門(にざえもん)のおにいさんが監修されていました。このドラマには、そういう劇中劇がいろいろあって、それも魅力のひとつになっていますね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(3) ゆかりの松竹、社長役を満喫(1/2ページ) - 産経ニュース)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(2) 「まねき」に藤十郎なく喪失感

 その映像には、父が顔見世で自分のまねきが上がっているのを見ている場面があって、すごくうれしそうなんですよ。24年の顔見世では、上方歌舞伎の「坂田藤十郎」と江戸歌舞伎の「市川團十郎」のまねきが一緒に上がりました。父はいつも、「江戸歌舞伎と上方歌舞伎が両輪として栄えてこそ真の歌舞伎の繁栄」と言っていましたが、望んでいたことがかなったわけですから、そのときの喜びもすごかったですね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(2) 「まねき」に藤十郎なく喪失感(1/2ページ) - 産経ニュース)

2021年2月1日月曜日

コクーン歌舞伎3年ぶり上演 中村勘九郎ら出演

故中村勘三郎さんと演出家串田和美氏が立ち上げ、東京・渋谷シアターコクーンで上演する「コクーン歌舞伎」が今年5月、3年ぶりに上演されることが28日、分かった。 
第17弾は「夏祭浪花鑑」(同6~30日)で、中村勘九郎(39)中村七之助(37)が夫婦を演じるほか、尾上松也(35)、勘九郎の次男長三郎(7)らが出演する。(コクーン歌舞伎3年ぶり上演 中村勘九郎ら出演(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース)

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(1)

そんななかで鴈治郎の名跡を四代目として襲名させていただいたということは、自分が祖父と芸風が似ていると思えたこと、祖父のように二枚目から老け役、女形(おんながた)まで、役どころの幅広い役者になりたいと考えたことが大きかった。また、上方歌舞伎を担っていく、という意識をさらに強く持ったということもありますね。(【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(1) - 産経ニュース)

7日NHKBSプレミアム 午後11時20分~ 午前1時40分 プレミアムステージ歌舞伎「四天王御江戸鏑」

 令和3年1月国立劇場で行われた歌舞伎「四天王御江戸鏑」(してんのうおえどのかぶらや)をいち早くお送りする。作品の初演は1815年、2011年に約200年ぶりに復活上演されて以来の今回の公演。尾上菊五郎家の芸「土蜘蛛」や旬の時事ネタをふんだんに盛り込み、初春らしい華やかで楽しい娯楽作品となった。出演は尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助ほか。(プレミアムステージ - NHK)

早くも見られるので楽しみです。

令和3年3月歌舞伎公演『時今也桔梗旗揚』配役

 令和3年3月歌舞伎公演『時今也桔梗旗揚』(令和3年3月歌舞伎公演『時今也桔梗旗揚』)

『時今也桔梗旗揚』 
武智光秀 尾 上 菊 之 助 
小田春永 坂 東 彦 三 郎 
光秀妻皐月 中 村 梅 枝 
森蘭丸 中 村 萬 太 郎 
光秀妹桔梗 坂 東 新 悟 
森力丸 中 村 鷹 之 資 
山口玄蕃 中 村 吉 之 丞 
住職日和上人 片 岡 亀 蔵 
連歌師宇野丈巴 河原崎 権 十 郎 
安田作兵衛 中 村 又 五 郎 ほか