2021年11月18日木曜日

渡辺保の劇評 2021年11月 国立劇場

 すなわちその様式的な造形の面白さを十二分に生かしながら、しかもなお今まであまり芝翫型で顧みられなかった人間的な内容がそこに生きて、原作のテーマが団十郎型よりも強烈に浮かび上がらせることに成功した。三度目にして渾身を込めた芝翫の力作であり、大きな進境である。かくて私は今まで味わったことのない、この作品の本質を味わった。(2021年11月国立劇場 – 渡辺保の歌舞伎劇評)