2021年9月22日水曜日

【10月歌舞伎公演】『通し狂言 伊勢音頭恋寝刃』 中村梅玉、中村時蔵、中村又五郎が 意気込みを語りました!

このお芝居のもう一つの特徴は、お伊勢様を中心とする独特の情景や情緒です。二見ヶ浦で朝日が昇ってくる風情や、お茶屋では伊勢音頭の舞の会が開かれ、季節は夏、提灯も掛かっていますし、薄着で団扇をもってお芝居が進んでいく……、そういった全体を包み込む風情や情景も大きなポイントです。お家騒動のなかに、江戸の民衆の憧れであった「お伊勢様」の世界を持ってきたところに、やはり作者の意図があるのだと思います。お客様にはその世界に入り込んでいただいて、このお芝居を楽しんでいただきたいです。(【10月歌舞伎公演】 『通し狂言 伊勢音頭恋寝刃』中村梅玉、中村時蔵、中村又五郎が意気込みを語りました!| 国立劇場歌舞伎情報サイト | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)